「知っていますか?」
今日も、彼女は意味深に声をかけてくる。

藤沢ロケ地マップ

昨日新聞を読んでいたところ、藤沢市観光協会が作成した、地元のアニメの聖地を掲載したマップが市内で配布されているという記事を目にしました。もちろん、青ブタの聖地も紹介されているようです。

アニメ版四カ国語「藤沢湘南ロケ地マップ」が完成いたしました | お知らせ | 藤沢市観光公式ホームページ【いつでもおいでよ!藤沢市・湘南江の島】

こちらは市内の数カ所にて貰えるようです。上記リンクに記載の施設を地図にまとめました。

 四ヶ国語分のマップがあるということなので、外国人観光客の多い江ノ電鎌倉高校前駅などにも置いてもらうともっとたくさんの人に見てもらえるように思いますね。

GWが明けて

10日も休んだら絶対リズムが乱れて学校戻れなくなるよな〜って戦々恐々としてましたが、なんとか火曜日登校して持ち堪えました。もし一昨日昨日と体調が優れない人がいたら、無理しないことが大事だと思います。あなただけではなくて、周りにも絶対ついて行けなくなった人がいるはずなので、「自分だけ…」なんて自分を責めないで。あとは今度の土日も怖いな、GW終わり乗り切った!って燃え尽きてしまいそう。

 

学校に行けなかったとしても、外には行く機会を作っておこうと思って火曜日は舞台「やがて君になる」の公演を予約してありました。そして行ってきた。役者さんのほとばしる情熱、ひしひしと伝わる観客の期待、脚本に込められたキャラクターへの愛情などなど、目で見て、耳で聴いて、頭の中で舞台の世界にどっぷり浸って、エモい体験でした。

例えば、10人に一眼レフを渡して同じ景色を眺めたとしても10人が違う絵を切り取るだろう。それと同じように、連続して訪れる瞬間瞬間を役者と観客が共有しながらも、全員見ているところや感じていることが違うのだろうなと思うと面白かったし、舞台だからこそできることなのかなと思った。というか、他のお客さんを観察していても舞台の左右を視線が行ったり来たりする人もいれば、じっと見つめ続ける人がいたのも分かったし。舞台に惹かれる人の気持ちがよく分かる公演でした。

 

そんな感じで徐々に病状も回復しつつあるので、青ブタの劇場版の試写会に行けたらいいなと思えるようになった。もちろん、抽選に当たらないと行けないのだけど、当たったらラッキーくらいの気持ちで応募してみようかな。

msi Radeon RX570をWS2016のGIGABYTE Z68マザーに

f:id:wz556:20190503193623p:plain

グラボが逝った。

Euro Truck Simulator 2をやっていると、運転中なぜか短い周期でロード画面に飛ばされるようになり、「modが何か悪さしてるのだろうか」なんて思っていた。しかしETS2だけだった症状が次第にWorld of Tanksにまで拡がり、戦闘中にフリーズ&デスクトップに強制的に戻されるようになることがしばしば。そして最終的にはwindowsが立ち上がらなくなった。正確にはBIOSでOSは呼び出せるのだけど、OSのロード中にクラッシュして電源が落ちる。オンボードHDMIに差し替えてみると、きちんと動く。oh。

友人から買ったグラボだったのだけど、私の手元に来た時点ですでに2人のユーザーの元でゲームを動かす仕事をしていただけに、いつ天寿を全うされてもおかしくなかった。今までお疲れ様。私にとって初めての自作PCだったけど、健気に働いてくれてありがとう。というわけで手を打つことにした。

だが、そこには大きな問題があった。マザーボードの古さである。使っているマザボGIGABYTEのGA-Z68XP-UD4(rev1.0)という物で、レガシーBIOSからUEFIへの過渡期に発売されたモデルだったためレガシーBIOSが使われている。一応UEFIにアップグレードできるようだがネットで調べてみると不具合が多そうな印象を受けたので、レガシーBIOSのままにしてあった。ちなみにバージョンは最新のF6。

GA-Z68XP-UD4 (rev. 1.0) | マザーボード - GIGABYTE Japan

f:id:wz556:20190503172749p:plain

'UEFI BIOS'は"Beta BIOS"と表示されている

すると、以下のような問題が生じることがある。

そうだ、グラフィックボードを増設しよう! でも、その前に... rev.2 - ツクモ福岡店 最新情報 (2019/05/03閲覧)

実は以前から秋葉原ツクモをのぞくと、店頭にポスターが貼ってあって「古いマザーボードに新しいグラフィックボードを載せると画面が映らない可能性があります!」と注意喚起していたのに気がついていた。詳しいことは専門の人に任せるとして、つまり私が使っているようなIntelの60番台用のマザボにGTX1000番台以降等の新しいグラフィックボードを繋げると、ゲームどころか画面が映らなくなったりするらしい。GTXの900番台はどうやらいけるかもしれないらしいが、もはや新品などあろうはずもなく、諦めることにした。

だからといってマザボやCPUを替えるだけのお金はすぐに用意できなかったので、懲りずに調べていると、GTX1060や1050Tiくらいなら動いた、なんて話をちらほらと見かけた。一か八か買ってみようか、予算的にも噂的にも買うとしたら1050Tiかな、なんて思っていたところ、どうやらAMDRadeon RX570というのがコスパ優秀らしい。どーせ動くか分からないものを買うなら先を見据えてちょっとでもいいやつにするか、ということで買うことに決定。友人がmsiの1060を使っていることを思い出してmsiにすることにした。

早速ツクモにでかけて、店員さんにも「動きますかね?」と質問してみたところちょっと苦笑いさせてしまった。曰くZ68マザボの中でもGIGABYTEのものはUEFIに対応するのが他社よりも1年ほど遅かった記憶を持ってらっしゃるらしい。うーん、ますます動く気がしない。だが、ツクモではパーツ同士の相性が悪くて動かなかった時用に掛け金を出しておくことで一か月以内ならほかのパーツと交換してくれるサービスをやっているらしく、それをRX570+1080円(商品の価格による)で使わせてもらうことにした。と言っても交換してくれるのは元の商品と同額以上の物で、例えばGTX1060なんかだったりするので交換したからといって動くとは限らない。あとはカテゴリー違い、つまりグラボからマザボやcpuにも変えてくれるらしい。

ツクモ交換保証 詳細 | TSUKUMO ツクモ

レジに並んでいると、前のお客さんがGTX1060を買っている所だった。店員さんは「取り付ける‘PCはいつくらいのものですか」「(cpuが)2000番台、3000番台くらいだと正常に動作しない恐れがありますが大丈夫ですか」と確認を取っていて、すげーなーと感心してしまった。ひょっとしたら、実際に「動かなかった」と相談されることが多いのかもしれない。いずれにせよ、メーカー・販売店側の責任でない限り返品はきかないので自己責任で。

 

 

帰って、早速取り付け。以下、参考にされる際は自己責任で。まずは今回関係しそうな部分のスペック確認。

M/B: GIGABYTE GA-Z68XP-UD4(rev1.0)、cpuはi7-2700k

BIOSバージョン: F6

OS: Windows Server 2016 x64

元のグラボ: GTX760

新しいグラボ: msi Radeon RX570 ARMOR 8G

ひとまずDDU(https://freesoft.tvbok.com/freesoft/vga_gpu/ddu.html)を用いてNVIDIA関係の物を消す。そしてCMOSクリアして、RX570を刺して、グラボにDPをつないでみて起動…なんと、幸運なことに画面が映った。起動時のGIGABYTEのロゴがぐちゃぐちゃになっていてかなり焦ったが、無事にデスクトップ画面まで行きついた。なんだ、意外といけるもんじゃないか、なんてテンションを上げながらAMDのホームページからドライバをインストールしようとするも...

あれ?インストールできない。

確かにexeファイルは開けて、AMDの規約画面まではいけるのだが、インストールボタンを押してもデバイスの検索画面から進まなくなったり、インストールに成功したと言っておきながらインストールできていなかったり。デバイスマネージャーを見ると、そもそもグラボが認識されていないようだった。ファンは回っているし、「グラボ経由で映像は出力できているのにグラボは認識されていない」という予想外の事態が起きた。世の中そんな甘くないよなと思いながら、まずはOSのクリーンインストールWindows Server 2016を入れて、2019-4月パッチまで更新して…インストールできない。そもそも、NVIDIAの'GeForce Experience'に当たりそうなAMDの設定ツールすらインストールできない。なのでドライバを直接当てようが、設定ツール経由でやろうが無理なのは変わらなかった。相変わらずデバイスマネージャーで表示されるのは「Microsoft 基本ディスプレイ アダプター」のみ。AMDのホームページから落とせる最新版はもちろん、msiのホームページから飛ぶ今年2月のバージョンもだめ。

検索してみると、このような事態はそこまで頻繁に起きているわけではなさそうだった。そもそもAMDのグラボユーザーの数がNVIDIAに比べて少ないのもあるのかもしれないが、少なくとも「グラボ 認識しない」で検索した範囲で日本語でヒットするのはほとんどがNVIDIAの物だった。するとwindowsに関しては10と7のサポートしか謳っていないAMDに関して言えば、OSに使っているWindows Serverが原因なのでは?と思いつき、'Radeon Windows server 2016'と明示的に検索した。

Windows 2016 driver installation | Community

…英語だったが、出た。同じようにWindows Server 2016にRadeon Driverを入れようとして入れられないようだった。しかしどうやら、2017年夏のアップデートから対応したらしい。そして気になったのはその下の今年に入ってからのコメント。

 Recent 18.x adrenalin drivers do not install on windows 2016.

They're heavy broken.

 AMDのドライバの数字の命名規則を見てみると、西暦が先頭に来ていることがわかる。つまりver17(2017年)の夏で一旦使えるようになったものの、18(2018年)になって使えなくなったようだ。ちなみに私がインストールしようとしていたのはver19.4.3。

光が見えてきた。

AMD Radeon ドライバダウンロード | 株式会社アスク

AMDのホームページから落とせるドライバの古さはそこまででもなかったので他のサイトを探してみたところ、AMDの英語版ページのほかに過去のグラボをずらっと載せてくれているサイトを見つけた。そういえばグラボの箱の「保証書在中」シールに書かれている会社名がこれだった。ありがたく使わせてもらう。ひとまずRadeon Software Crimson ReLive EditionのWHQL(マイクロソフトのお墨付きということらしい)最新バージョンの17.7.1を入れてみる。「無効な製品」という旨のエラーが出てやはり無理かと諦めかける。折角だからとNon-WHQLと書いてある17.9.1も入れてみる...いけた!

f:id:wz556:20190503195917p:plain

もしかしたらWSでも2019ならもっと新しいバージョンでもインストールできるのかもしれないが、ひとまずこれでWoTもぬるぬる動くので満足。というわけで、あくまで一例としてだが、

GIGABYTE GA-Z68XP-UD4(rev1.0)のWindows Server 2016にmsiRadeon RX570を取り付ける場合、どうやらドライバにはver17.9.1を使えば動くらしいということがわかった。以下にドライバの場所だけもう一度貼っておく。それと何度も言うが、マザボとグラボの組み合わせ含めあくまで自己責任で。

https://www.ask-corp.jp/supports/ati_driver.html

Copyright © 2019 wz556

ページの先頭へ戻る