「知っていますか?」
今日も、彼女は意味深に声をかけてくる。

二次創作

翔子さんと見た夕日

「そろそろ、沈んでしまいますね」 「そうですね」 「…」 「…」 「ほら、見てください。山の端っこに太陽が入って少し欠けてしまいました」 「ほんとですね」 「…」 「…」 視線を感じて左横を見ると、頬をリスのように膨らませて分かりやすく不機嫌さをアピ…

Copyright © 2019 wz556

ページの先頭へ戻る