読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
「知っていますか?」
今日も、彼女は意味深に声をかけてくる。

18切符の旅 ~吉井川橋梁・姫路編(後)~

こんにちは。今回は姫路編後編です。いよいよお待ちかねの姫路城へ!

 

結局満足するような1枚は撮ることができないまま、姫路城の開門終了時間に間に合わせるために早めに吉井川を後にすることに。長船駅まで戻り、同じ電車で姫路まで戻ります。

 

姫路駅に到着したのは15時40分過ぎ。姫路城の入場は16時までとなっているので、かなりギリギリでした。急いでバスに乗り込んで向かったのですが...

f:id:wz556:20170502131355j:plain

...これ、終わったのでは?

と一瞬絶望しかけたのですが、どうやらチケットを買って中に入ってしまいさえすればこちらのものな様子。ほぼ最終の入場客になってしまいましたが、どうにか入城することができました。

f:id:wz556:20170502131342j:plain

うーむ、流石白鷺城と言われることはあるだけの白さです。白すぎてわざとらしく感じるレベルではありますが。それでも美しいですね。

f:id:wz556:20170502131344j:plain

案内があった通り、城の門をくぐってから実際に天守閣に到達するまでにかなり時間がかかりました。とにかく観光客の数がすごい。しかしその分ゆっくり歩きながら写真を撮ることができました。

f:id:wz556:20170502131346j:plain

いよいよ天守閣到達!すっかり西の空も赤く染まっていました。景色で一番印象に残ったのは、城からまっすぐ伸びる道の先に姫路駅が見えたことでしょうか。めっちゃ眺めいいなあ。

f:id:wz556:20170502131352j:plain

f:id:wz556:20170502131350j:plain

天守閣から降りて、外の広場で城の外観を撮影。桜の頃には白とピンクが共演してさぞかし絶景が広がるのでしょうが、少し来るのが早かったですね。次回はその頃に行ってみたいものです。

というわけで姫路駅に戻って、そのまま新幹線に乗ってしまいたい衝動をおさえつつ(実際周りの親子連れなんかは脱落して大阪まで新幹線に乗ったようだった)、新快速で帰路についたのでした。

 

いかがでしたでしょうか。今度の18切符の旅では、山陰のほうまで足を伸ばしてみようかな?