そうでしょう、そうでしょう

「知っていますか?」彼女は今日も意味深に声をかけてくる。

伊丹での撮影日記

こんばんは。先日の伊丹空港での写真を現像したので、今回はそれについて書きます。

以前は祖父母の家に帰省するたびに撮影に訪れていた伊丹空港なのですが、ここのところすっかり足が遠のいていたので、実はおよそ3年ぶりの訪問。今回は夜間撮影用に三脚も持ってきたことだし、とりあえず伊丹駅でレンタサイクル(駅リンくん)を借りて、有名な「伊丹スカイパーク」という公園へ。

f:id:wz556:20170816203136j:plain

ここは伊丹空港の滑走路に隣接していて、離着陸する旅客機が間近に見えることで一般の方にも有名です。私の地元の羽田空港ではなかなか味わうことの出来ない迫力が大いに魅力。

f:id:wz556:20170816203144j:plain

737の離陸を400mm+トリミングで。暑いから陽炎メラメラ...。

スカイパーク内を南に移動して、スカイランドHARADAの駐車場へ。

f:id:wz556:20170816204338j:plain

ここは、先ほどよりもさらに機体との距離が近く、もはや目と鼻の先に飛行機が見えるといっても大げさではないスポットです。滑走路RWY32Lの端近くなので、離陸は遠くなりますが着陸が目の前で行われるので大迫力。

f:id:wz556:20170816204459j:plain

タキシングしてくる機体もばっちりです。

f:id:wz556:20170816204512j:plain

滑走路手前で待機している飛行機と、着陸する飛行機。

f:id:wz556:20170816204518j:plain

f:id:wz556:20170816204523j:plain

f:id:wz556:20170816204533j:plain

f:id:wz556:20170816204558j:plain

777の離陸と着陸。

f:id:wz556:20170816204606j:plain

f:id:wz556:20170816204632j:plain

徐々にあたりが暗くなってきたのを感じたので、いよいよあのスポットへ。

f:id:wz556:20170816204751j:plain

そう、空港の夜景が非常に綺麗に見えることでファンの多い「千里川土手」です。ここでは、これから滑走路(RWY32L)に着陸するという機体が、手で触れそうなほど頭上ギリギリを通過していくのを体感することができます。

f:id:wz556:20170816204803j:plain

川は滑走路に対してほとんど直角に流れていて、両岸の土手の部分は地元の方がよく通りかかる道になっています、夜になるにつれて、ふたつの道のうち、滑走路に近い側の土手のほうから先に人が埋まっていきます。今回は私が現地に行った時間が遅かったこともあって、滑走路側の土手が空いておらず遠いほうの土手で構えることに。ここからは三脚の出番です。

f:id:wz556:20170816204805j:plain

離陸して遠ざかっていく飛行機。

f:id:wz556:20170816205325j:plain

着陸する飛行機がこちらに向かってくる様子と、

f:id:wz556:20170816205337j:plain

f:id:wz556:20170816205343j:plain

夕焼けをばっくに滑走路へ進入していく様子が観察できます。

そうこうしているうちに段々光が弱まってきました。明るさ的にまだまだ撮るのは余裕そうに見えますが、動く機体を確実に止めて撮るためにシャッタースピードを稼がねばならず、この時点ですでにISO感度が6400にもなっています。APS-C機にとっては本当につらいです。

f:id:wz556:20170816205534j:plain

完全に日が暮れてしまうと、目では見えるけど写真に写し取るのが非常に厳しくなります。

f:id:wz556:20170816205553j:plain

このように照明だけが写って、機体は真っ暗につぶれてしまいます。背に腹は代えられないので、ISO12800を開放しているのですがこの有り様です。今度挑戦するときはフルサイズ一眼レフと、f/2.8クラスのレンズを借りていこうと思います。

なんとか撮れた写真を数枚。

f:id:wz556:20170816205552j:plain

f:id:wz556:20170816205559j:plain

f:id:wz556:20170816205803j:plain

f:id:wz556:20170816205822j:plain

着陸する機体と違って、これから離陸するという機体は滑走路上でいったん止まってくれる時があります。そんな時は長時間の露光をして、カメラに入る明るさを何とか稼ぎます。そうなると今度はブレが起きやすくなるので、そのための三脚持参です。

f:id:wz556:20170816210242j:plain

1枚くらいは着陸機を明るく撮りたいなと思い、1/40sで。流石にブレてしまいます。

f:id:wz556:20170816210252j:plain

離陸機でさえ暗くなってしまう時も。

f:id:wz556:20170816210303j:plain

ノイズが激しい・・・

f:id:wz556:20170816210311j:plain

f:id:wz556:20170816205817j:plain

f:id:wz556:20170816205829j:plain

f:id:wz556:20170816205910j:plain

f:id:wz556:20170816205921j:plain

f:id:wz556:20170816205923j:plain

うまく撮れはしないけど、めちゃくちゃ楽しいのでこんな感じで最終便が飛来する20時半近くまでひたすらシャッターを切り続けていました。この千里川土手は、夜撮の楽しさを思い出させてくれました。

Copyright © 2020 wz556