そうでしょう、そうでしょう

「知っていますか?」彼女は今日も意味深に声をかけてくる。

YSFLIGHTで大空へ!

こんにちは。このところの東京は暑かったり涼しかったりの気温の入れ替わりが激しいですが、これからは落ち着いてきて一層秋の訪れを感じることになりそうです。私は今から紅葉が待ち遠しいです。

さて今回は、いつぞやの「WoT」の紹介に続いてまた好きなゲームについて書いていこうと思います。そのゲームの名は「YSFLIGHT」です。

www.ysflight.com

私や友人たちはこれを略して「YSFS」なんて呼んでいますが、正式名称は'YS Flight Simulator'と言う、山川機長という方が開発しているフリーのフライトシミュレーターです。この「フリー」というのが大きいですね。インストールさえすれば誰でも手軽に飛行機の操縦を楽しませてもらうことができます。

そしてさらに大きな魅力となっているのが、世界中のYSFSファンによる"アドオン"の数々です。実際の飛行機をリアルに再現したYSFSのモデルがあちらこちらで公開されていて、自分でそれらをダウンロード・追加していくことができます。むしろ、追加していかないともったいないくらいです。

注意事項

アドオンに関しては、何かあったとしても決してYSFLIGHT製作者の山川機長に問い合わせることはせず、必ずアドオンの製作者の方に問い合わせるようにしてください。この点だけは注意です。

また、今回インストール方法について紹介しているのはWindowsのみです。

ひとまず飛んでみる

言葉だけでは伝わりにくいので、とりあえずインストールして飛んでみることにしましょう。WWW.YSFLIGHT.COM -> 「日本語ページへ」 -> 右サイドバーの「ダウンロード」 -> 「YS FLIGHT SIMULATOR (フリー)」 -> 少し下へスクロール -> ダウンロード元の選択 と進んで、ファイルをダウンロードします。

f:id:wz556:20191109132630p:plain

この"ダウンロード元の選択"ですが、基本的に「ベクター」からでも「YSUpload」からでもどちらでも構いません。ですが、後述する「オンラインでのフライト」を楽しみたい方は、現在公開されているYSFLIGHT最新版より前のバージョンである20150425をインストールしなければなりません。ですので、ひとまず飛ばしたい!という方はこのまま読み進めていただき、ゆくゆくはオンラインで誰かと一緒に飛びたい!という方はページを少しスクロールしてください。

とりあえず最新版で飛ばしたい

'YsflightForWindows.zip'というファイルがダウンロードできていると思います。そうしたら、この圧縮ファイルを適当なディレクトリを作って(例えばC:\Program Files\YSFLIGHT.COM)その中に展開します。この項目を追記した2019年11月現在、このインストール方法はYSFLIGHT最新版で有効です。

オンラインでも飛べるバージョンをインストールしておきたい

二回目のファイルのダウンロードとなってしまって申し訳ないですが、オンラインでも飛べるバージョンのYSFLIGHTをダウンロードします。この場合、ダウンロードサイトへのたどり着き方が先ほどとは少し異なります。オンラインフライトについては記事の最後のほうで述べたいと思います。

WWW.YSFLIGHT.COM -> 「日本語ページへ」 -> 右サイドバーの「YS Flight Simulator」  -> 「YSUploadからダウンロード (すべてのプラットフォーム)」をクリック

すると、このような見た目のサイトにたどり着くと思います。

f:id:wz556:20191109135038p:plain

このままダウンロードすると最新版になってしまうので、ページを下のほうへスクロールしていきます。

スクロール -> 'Past Versions of YSFLIGHT' -> 「20150425」の横にある「Windows」をクリック

するとダウンロードが始まります。ダウンロードが終わると、'20150425YsflightForWindows.zip'というファイルが出来上がっていると思うので、開きます。そして中の'SETUP.exe'を開いてインストールすれば完了です。

 

展開もしくはインストールが終わったフォルダを開くと、以下のようなファイルが並んでいると思います。

f:id:wz556:20191109125843p:plain

ここでは、まずは飛んでみようということでひとまず'ysflight32_d3d9.exe'を開いてみましょう。

すると、ファイルのロード画面とプログラムによるデモフライトシミュレーションの後に、こんな画面が出ると思います。

f:id:wz556:20170830201231p:plain

これがメイン画面になります。ここから「フライトの新規作成」を選ぶと、
f:id:wz556:20171004111624j:image

このような画面になります。ここでは飛行するマップや飛行機、兵装や僚機を選ぶことができます。が、今回はそのまま「今すぐ飛行開始」を選んでみましょう。
f:id:wz556:20171004111909j:image

すると空港に出て、自分の前にコックピットが表示されます。ちなみに飛行機を操縦するための操縦桿は、デフォルトではマウスに割り当てられています。またF8キーを押すと、近くの空港の機械から自機を見た様子が表示できます。F1キーを押せば元のコックピット表示に戻ります。
f:id:wz556:20171004112743j:image
それでは早速出発してみましょう。

まずマウスカーソルを、コックピット前方の滑走路の中央、緑色の線で十字が描かれている付近に合わせておきます。これは前述したようにマウスが操縦桿の役割を兼ねているからで、こうすることで飛行機が変な方向に曲がらないようにします。自転車や車でも、ハンドルを明後日の方向に向けたまま発進したら危ないですからね。

続いてQキーでスロットルを上げる(車でいうアクセルを踏み込む動作)ことができ、Aキーでスロットルを下げる(アクセルを弱める)ことができます。なので、Qキーを押して左下のゲージが一杯になるようにします。

そして、今回選んだ飛行機は実は戦闘機なので、TABキーを押すことでアフターバーナーをつけることができます。
f:id:wz556:20171004112359j:image

アフターバーナーをつけるとこのようにゲージが赤色に変化します。そのまま画面左側の縦ゲージ(速度計)が150くらいになったら、マウスを少しずつ手前に引いていきましょう。
f:id:wz556:20171004112510j:image

離陸しました。Gキーを押すことで車輪を格納することができます。
f:id:wz556:20171004112707j:image

マウスを左右に傾けると、機体が回転します。この景色が傾いた状態でマウスをゆっくり手前に引いていくと、機体が旋回していきます。初めは曲がるのがかなり難しく感じると思いますが、ここは練習あるのみです。
f:id:wz556:20171004113026j:image
f:id:wz556:20171004113056j:image
f:id:wz556:20171004113312j:image

F2とF7キーを押すたびに自機がいろんな方向から固定視点で表示できます。
f:id:wz556:20171004113428j:image

マウスを奥にずらすと、機体が下を向きます。墜落しないように注意してください。マウスを手前に引けば元に戻ります。
f:id:wz556:20171004113507j:image

またまたF8キーを押せば、外部からの視点で飛んでいる自機を見ることができます。F1キーで戻ります。
f:id:wz556:20171004113614j:image

「4」キーを押すたびにフレアが出せます。今すぐに使うものではありませんが、いつか敵と遭遇してミサイルを撃たれてしまったときに、これを使って逸らすことができます。
f:id:wz556:20171004113722j:image

BackSpaceキーを押すと、自動操縦にするかどうか選べます。
f:id:wz556:20171004113814j:image
f:id:wz556:20171004113901j:image
f:id:wz556:20171004113939j:image

 Enterキーで、無線通信と、僚機がいる場合は僚機への指示が選べます。
f:id:wz556:20171004114108j:image

Bキーでブレーキをかけられます。ブレーキをかけているときは右下のゲージが赤くなります。もう一度Bキーを押すことで解除できます。
f:id:wz556:20171004114147j:image

最初は真っ直ぐ飛ぶのさえ難しく感じると思います。これも練習あるのみです。

f:id:wz556:20171009202211p:plain

飛び慣れたなと思ったら、今度は着陸に挑戦してみましょう。目の前に見えるのが滑走路です。

f:id:wz556:20171009202216p:plain

Fキーを押してフラップを最大まで降ろし、Gキーでギアを出します。ギアの出し忘れは本当に多いので注意。外から見るとこんな感じ。

f:id:wz556:20171009202215p:plain

Vキーを押すと、自機がどの方向に進んでいるかを示す印が出現(上の画像の場合、滑走路の手前にある緑色の〇)するので、それが滑走路の上に来るように調整します。

f:id:wz556:20171009202545p:plain

着陸!最初はうまく降りれなくて墜落するかもしれませんが、とりあえずどのような形であっても降りることができれば成功です。Bキーでブレーキをかけて減速します。「>」キーで逆噴射をすることができる機体もあります。

f:id:wz556:20171009202558p:plain

だいたい15ktくらいまで落ちたら、ブレーキを解除して誘導路を探します。Zキーで左折、Cキーで右折できます。Xキーを押すことで真っすぐに戻せます。

f:id:wz556:20171009202915p:plain

マップによっては、画像のように地上にトラックが止まっていることがあります。その近くに自分も止まってみましょう。すると、上の画像の画面上部のように、「補給」と「乗り換え」が選べるようになります(選べない場合はもう少し近寄ってみる)。

f:id:wz556:20171009203006p:plain

「補給」を押すと、燃料などを補給することができます。

f:id:wz556:20171009203010p:plain

「乗り換え」を押すと、他の機体に乗り換えることができます。試しにトラックに乗り換えてみると、

f:id:wz556:20171009203018p:plain

トラックを運転することができます。

お疲れ様でした。ここまでが基本的な操作方法になります。ここから先に関してはwikiがあるのでそちらを読んでみることをお勧めします。いろいろ便利なことが書いてありますよ。

www41.atwiki.jp

オンラインフライト

離陸する、旋回する、着陸する、タキシングするといった基本的な動作に慣れて自信がついてきましたか?そうしたら、ぜひともオンラインで飛んでみましょう。前述したようにオンラインで飛べるバージョンのYSFLIGHTを起動してください。

ホーム画面から、「ネットワーク」 -> 「クライアント」を選びます。

f:id:wz556:20191109142555p:plain

「ユーザー名」には自由なあなたのお名前を、「サーバーホスト名」には'187server.xyz'を入力して「確定」をクリックします。

w.atwiki.jp187serverとはmamefuji187氏が運営してくださっている、現在日本で一番ユーザーが集まるYSFLIGHTのオンラインサーバーです。

f:id:wz556:20191109143303p:plain

もし前述の「オンラインで飛べるバージョンでないYSFLIGHT」で187serverに繋いだ場合、このようなメッセージが表示されます。必ず、20150425バージョンを使用するようにしてください。

もしバージョンは20150425にしたのに依然としてエラーメッセージが表示されてサーバーに入ることができない場合、そのサーバーで現在使われているマップが自分のPCにダウンロードされていないことが考えられます。それだけでなく、YSFSをインストールしたての状態で遊んでいたけれど、だんだんもっと違う機体でも飛んでみたいと思うようになることもあると思います。これらの場合は、ネット上で公開されている有志の追加アドオンを入れてみましょう。

アドオン追加

 追加するアドオンとしておすすめなのは、187serverの公式Twitterがつぶやくアドオンたちです。

そしてこの中には187serverで飛ぶのに必須となるマップアドオンも掲載されています。一番最新の'Server map is changed'と書かれたツイートのリンクのマップがそれです。これをインストールすることで、初めてオンラインサーバーで飛ぶことができます。

オンラインサーバーではネチケットを守って、自分を含めた皆が楽しく遊べるようにしましょう。

Copyright © 2020 wz556